FC2ブログ

近況 (いつにも増してエロくもなければポップな内容でもないです)

超超超久々の更新となりましたが、みなさん如何お過ごしでしょうか。
東京は4年ぶりに雪が積もりましたね。


私はやっとブログの更新をしようという気持ちになれた感じです。
でもたぶん、今日の記事は興奮した状態でブログを見にいらした方には
ちょっと暗い内容かもしれないので、そういう方はどうぞスルーしてください。
こういうことを書くのはどうなんだろう…とも思ったけど、これも「あまね 分の 1」なんだなー。



1月7日、我が家のわんわんズの長女ひなが旅立ちました。
タクシーで行きつけの病院へ向かっていた最中、私の腕の中で。
3年半の闘病生活、さらに昨年末からは痴呆が始まりだしたのも感じ、
ひなと2人で救急の動物病院で新年を迎えた私は、
いつかこういう日がくることも分かっていたけれど、それでも現実は想像以上に耐え難い。
ひなの優雅さや気品は元々兼ね備えていたものなんだろうけど、
あの小さな身体で最期まで頑張って生き抜いたあの気合いと根性、それだけは私に似てた。
最後の最後までひなは本当に頑張っていたし、私も最後の最後まで諦めなかった。
私にとってひなは大切な家族なので。


ちょっとお話しが逸れますが。
私は経済的に「だけ」恵まれた家庭で育ちました。
私が、初めて父親に「なにこの人」と思ったのは幼稚園の年少さんの時で、
それ以来その気持ちが衰えたことは1度もありませんでした。
昨年母が亡くなった際に10数年ぶりにまともに会話したけれど、
その後四十九日で帰省した際に「あぁやっぱりクズだな」と思い、再び口を利かなくなりました。
反抗期特有の親に対する反発心の類いの一時的なものではなく、
大人になってどう客観的に考えてもその安定のクズっぷりに閉口することばかりでした。
世の中お金で解決出来ることばかりではないし、
むしろそんなものよりも携わる人々の心の機微を読み取る方が大切だし、
経済的にだけ恵まれた環境で不自由なく育っても
私は家族とか家庭とかそういう関わり方がいまいちわからなかった。
でもそんな私も他者と関わって生きているわけで。
自分にもそのクズ成分が含まれていることも重々承知しているので、
いつもそれを自戒しつつ試行錯誤で他者との関係性を築いてきました。
そんな私も家族とか家庭というものを知ろうと努力していた時期があって、
ちょうどその頃に御縁があってひなを迎えました。


ひなと共に暮らした約15年半、家族が減ったり増えたりしたけれど、
自分よりも弱い者を守るとか、責任を持つということ、
気持ちを汲み取ろうとすること(わんこたちは言葉を発することが出来ないから尚更ね)
自分のことなんかよりも自然と相手のことを優先する気持ちとか、
家族ってものがわからないながらも私なりに一生懸命でした。
ひなに楽しい毎日を過ごして欲しくて。
(もちろん、次女のうにも、末っ子とろッティーにも!)
それでもまだまだぼんくらな私だけど、ひなの存在があったから
「家族を守っていくために私がしっかりせなあかん!」と強く感じたからで。
(もちろん、次女のうにも、末っ子とろッティーも!)
世間体や保身をはかることなんてそんなものはどーでもよかった。
ひなと共に暮らしている中で「家族って…こういう感じなのかな…」と私は初めて実感出来た。
人間以外の生き物と共に暮らしたことがない方にはさっぱり理解できないかもしれませんが、
そんなわけで私の大切な家族なのですよ。


先週初めにひなの葬儀を行い、妹と甥っ子、長い付き合いの友人夫妻も来てくれて、
ずーっと食欲がなかった私もだんだんちょっとづつ食べられるようになってきました。
私が食欲ないとか、ほんっとにびっくりだよw
次女のうにも食欲なかったし、大好きだったお散歩も全然歩かなくなっちゃってたし、
とろッティーもお家でひなを探し回ってるし。
うにもとろッティーも、ひなねぇねぇのこと好きなのを私はよぉーくわかってるから、
家中探し回ってるとろッティーの姿に切なくなるけれど、
私がへこんでばかりもいられないからね、うにととろッティーのためにも。
IMG_5666_convert_20180127171013.jpg
今になって思えば、ひなが旅立つ前日も当日もいつもと違う不思議なことがあったけど、
それらも含めてきっと私は今後もひなと共に過ごした月日を
これでもかっていうくらい思い返すのでしょうね。
あぁ、うちの子になってくれて本当にありがとう。





ね!
タイトルに書いた通り、ポップじゃないでしょー?
ポップじゃないどころかむしろ暗いっていうか。
ここまで曝け出さなくても良かったのかもしれないけれど。
ブログの更新も止まってるし、ツイッターも全然だし、、、
っていらしてくださったお客さんにも結構心配されたりしてたんだけど、そういうことなのでした。
御心配おかけしてすみませんでした。

ブログやツイッターも放置していた間も
タブーやアゾットではメスイキできるように開発しまくってたし、
インナースリット開発で指を抜いても後イキするまでイカせまくってたし、
ムーサでもロングコースとか女性限定コースでもプレイしてたんだけど、
そういう時間はやっぱり集中してるし、ちょっとづつ普通に笑えるようになってきました。
なんていうか、いらしてくださった方々から元気にさせてもらったような感じ!
いらしてくださったみなさん、本当にありがとうございました!

でもねー、ちょっと前にムーサでプレイした時に
どーにもこーにもコミュニケーションが成り立たないことがあって。
タイミングが合わなくて(というより自分の都合しか考えていなかったそうで)何度かお断りしていたんだけど
あぁどこでこんな風になってしまったんだろう、って思うことがあって。
久々にお会いしたわけだけど、ガチ説教っていうより
怒るのも通り越して呆れるのも通過してもはや悲しい気持ちになったよ。
SMプレイっていう言葉から一般的にイメージされるような行為をしたからといって
マゾヒストってわけではないし。
言葉で相手に伝えることができるのに、なんでそれを怠ってるんだろう、
なんで向き合うってことを怠ってるんだろう、ってね。
まぁ、私の知ったこっちゃないけど。




久々のブログで全然うまくまとめられなかったけど、とりあえず私の近況でした。
また近々、今までみたいにプレイのこととか更新しますねー。

ではでは。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2018

IMG_5502_convert_20180101150916.jpg

今年もよろしくお願いいたします!§§§•∀•§§§ノシ
プロフィール

樟 弥音

Author:樟 弥音
SMクラブMusa・AZOTH(旧オスビッチ研究所)・東京アナルクリニックTABOUに所属している樟弥音(くすのきあまね)のブログです☆

ミストレス樟弥音 Twitter
最新記事
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
カウンター
whip world
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる