FC2ブログ

ミストレス旭花清完全引退イベント *最後の最後のダブルミストレス*

こんばんわーんッU。・ェ・。Uノ
あまねです☆彡
みなさんごきげんいかがですかー!
IMG_2489_convert_20170331234114.jpg
昨晩、例のごとく呑んだくれてブログ書いてそのままの状態で
恥ずかしげもなく誤字脱字全開なブログを全世界に公開してしまった私だよ!
最初に言っとくけど!
もうね、今日のブログは相当暑苦しいよ!そもそも私は暑苦しい人なんだよ!あぁ、上等だよ!!


っていうかー!
私そもそも「愚痴と涙はウォッカで流し込む」って決めてるわけ。
でもさ、愚痴なんてほんとはもうないのよ。この1年ちょっとの間は!
愚痴があったのは2015年の12月までなわけ。はっはー!
それ以降は自分の不甲斐なさとか至らなさばっかで、悔し涙をウォッカで流し込んでたんだけど!
そんなにべろんべろんになるほど悔し涙流したのかい?っていうと、
涙云々じゃなく元々お酒弱くはないってものあるんだけどー。てへ。

よく、お付き合いしていた異性と別れて寂しい、ってのを聞くけれど私それわかんなくてー。
異性とお付き合いしたことがないわけではありません。
お付き合いしたら、私は別れるまでにまぢ全力出し切るから!
全力で相手にぶつかって悔いのないようお付き合いして、
あぁもうこれはどーにもこーにも力の限りを出し尽くした…
もうあなたに対する想いはもう私にはお茶っ葉の出がらしみたいなのしか残ってません…
となった時にお別れするので、寂しいっていう感情がわかんないんだよー!
何も残ってないの!だから未練も寂しさもなくて!!
「寂しい」という感情の欠如について、一時期「自分はなんか変なんじゃないか」と悩んだこともあったけど、
よくよく考えたら私はほかにも変だといわれるところがいーーーっぱいあったので
「そっかぁー!そもそも私は変な人だからいいんだー!ウケるw」と気が付いて、
そのことを全く気にしなくなりました。


だーけーどーーーーー!
そんな欠陥だらけの私だけど、今回のミストレス旭花清の引退で「寂しい」って感情を知りました。
刻一刻と3月末が近づくにつれ、その寂しさを流し込むために毎晩どんだけウォッカ呑んだことか。
その具体的な内容は、ミストレス旭花清御本人にお伝えしたのでここには書きませんが。
(決して、呑んだくれているのを彼女のせいにしたわけではあございません)

この数年間、たぶん私は花清さんの1番近くで過ごしてきた。(あまね調べ)
それぞれのお客さんにダブルで呼んでいただいたこともめちゃくちゃあったし、
ちょっとの苦い経験も(フルボッコとかw)
たくさんの、本当にたくさんの楽しい想い出が、思い返せば次から次へと出てくる。
ここに書けないこともたくさん。…っていうか書けないことの方が多いかもネーw
とりあえず、今日花清さんが事務所を立ち去る前にお話ししていた時、
「〇〇〇をしばき倒した時、本当に御迷惑おかけしました!」
「〇〇とダブルするたびに、何度も何度も懲りずにガチ切れしてすみませんでした!」と謝罪をしておきました。
(上記の2つは、花清さんがこの記事を読んだ際に「ぷぷっ」と笑ってほしいが為に記載いたしました)
もう1コ付け足すと、花清さんのお客さんにダブルで呼んでいただいた際に、
私初対面なのに会って1分くらいでソッコー切れたこともあって、
もうなにがなんだかすみませんでしたw
…あぁ、私こんなのばっかり。って書いてたら他にもダブルでブチ切れて
御迷惑おかけしてしまったの思い出してしまってもう自分がつらいわw
でもね、同じことを経験した人であっても受け止め方や意識の仕方によってその後これほどまでに違うのかーって、
ミッティーナちゃんとしおんぴと3人で事務所でお話ししていて3人でびっくりしてたよ。
その会話から基本の大切さも改めて知ったし、
わけのわからない自己満足だか承認欲求だかなんだか知らないけどさー。
そういうのあらためてまぢファック!と思ったね!




今まで何度もダブルミストレスやってきた花清さんとほんっとのほんっとの最後のダブル。
過去数年間、私は鬼ぶっこみもしていたけれど
今回のダブルは昨年から花清さんとプレイしていたOの粋な計らい。
昨日の呑んだくれブログにも書いたけど、1ヶ月近く前から実はダブルってこと私は知ってた。
Oから「せめて前日くらいには花清さんにお伝えください」ってお申し出があっても、
「黙っとけ!当日まで内緒にするからね!」と強引に押し切って。
花清さんは当日のほんっとに御予約開始のお時間まで、普通に自分だけの御予約と思ってたw
それがまさかの「あまね付きのロングコース」でしたw ウケるーw あまね付きってw
C7qPpI2U8AAog9y_convert_20170401004223.jpg
こんな風に「え?!え?!あまねさん?!え?!…ひょえー!!」って戸惑うミッティーナちゃんを見て
にやにや出来るのもこれがもう最後なのかな、なぁーんて切なく思いながら。

Oはお食事やおやつなど、たくさんたくさん用意してくださっていて
(私の食いしん坊っぷりに配慮して、私の食事は2人分御用意してくださってましたw)
そこまではいいんだけど!
私が出演させていただいたDVDを観賞しながらいただく、という謎の羞恥責め。なんだったんだこれはw
IMG_2443_convert_20170331234044.jpg
己のきもさは重々承知いたしております。



Oがお風呂に入っている間、私はずっとずっと聞けなかったことを花清さんに質問した。
「…辞めたら…もう全部忘れちゃう?」って。
どんなに楽しい時やつらい時を共に経験したとはいえ、所詮風俗業界での出来事。
そういう業界に身を置いていたことを忘れようとする方もいらっしゃると思うので、
もし花清さんがそうであれば私も彼女との想い出を忘れる努力する配慮をすべきなのかなと思って。
(とは言っても、共に経験したことが人生において考えさせられるようなことばかりだったので、
簡単には忘れたりなんか出来るハズもないんだけどー!!)
でも、もし御本人の意思がそうであれば私はそれを尊重したいので、
完全引退が決まってからなんだか怖くて怖くてずっと聞けなかったことを聞いてみた。
そしたら花清さんから即答で「忘れないヨー!」と返ってきた。
そんなの聞いたらさ、もう堪えきれなくてミッティーナちゃんを抱きしめたよね。
もうね、それを聞いただけで、一気にこみ上げてきたね。
なんだろ。この時までは、この日のサプライズのダブルが事前にばれないように
悟られてしまうような発言をうっかりしないように、
まずはそこに細心の注意を払っていたので一気にそれが解けた感じ!
Oの御希望で持参したレイバンかけてたけど、それをいいことに涙も出るわさ!
お昼間だからさ、まだウォッカ呑めないしねーw
だって、他ならぬミッティーナちゃんが忘れないでいてくれるならば、
私も忘れる努力なんかしなくていいんだよねー!いぇーい!
最後の最後にダブルの機会を設けてくれたOにも、超絶記憶に残るプレイにしたるわ!と思ったし、
事前にOから伺っていた前々から考えていたというOからの花清さんへのはなむけも、
見とけよ、絶ッッッ対に実践さしたるわ!!!ってより一層思ったよね!

03_convert_20170331233100.png

04_convert_20170331233136.png

05_convert_20170331233152.png

07_convert_20170331233216.png

08_convert_20170331233233.png

12_convert_20170331233300.png

14_convert_20170331233441.png

15_convert_20170331233507.png

17_convert_20170331233526.png

19_convert_20170331233548.png

FullSizeRender_(6)_convert_20170331234146.jpg

21_convert_20170331233620.png

23_convert_20170331233632.png

ミッティーナちゃんもこの前ブログに書いてた、
「こんなスゴイことをした、
あんなヘンタイなことをした、
あれもこれもやったから、満足。
そんな発表会みたいなSMは私は全然興味ない。」っていうSMに対する考え方、私も超わかる!まぢわかる!
そういう表面的なことじゃなくてたぶんもっと内面的なことに注目していたんだよ。
この日、まだSMプレイの経験が浅いOが自分の出来る精一杯までとことん追いつめられていたと思う。
画像をだだだっとならべただけでは伝わらないだろうけど、それならそれで結構!
その場にいた私はそれを感じ取っていたから!
途中までナース服のミッティーナちゃん、キャットスーツの私、お相手のOはスク水、、、って
もうまぢでカオスだったけど、それも、表面的なことに捕われない
ミッティーナちゃんと私のダブルらしいよねw
そんなことよりも、ミッティーナちゃんが自分の身体に描ける縄、
アナルに入れられる指の感触、そういう1つ1つをOは噛み締めて感じていたんだな、って思うよ。
O、貴方が考えていたはなむけ、達成できてまぢ良かったな!!



私はずっとずっと昔から、もう10代の頃から人に嫌われやすい。
特に同性からね。こういう業界で生きてきてるからこそ、
女の敵は女だってことはよぉぉぉくわかってる。
私は時と場合によっては超絶口が悪いし、万人受けするタイプじゃないし、
ハイハイ嫌われるのも仕方がないでしょうねー!って感じなんだけどw
だからって、女同士のめんどくさい感じに同調しようとは思えず。
だけど、ミッティーナちゃんはそんな私を受け容れてくれてたの。ずっと!
ここで、また私の口が悪いとこ出しちゃうと、ミッティーナちゃんの方こそどうかしてるわよw
彼女には、他の人に話したこともないようなことも何度も打ち明けたことがあって、
それでも「あまねさんのそういうとこ、私は好きですよ」って言われたことがあって
(ミッティーナちゃんが覚えてるかどうかはわかりません)
当然こっちとしてはある程度ひかれるのも覚悟してるんだけど、
そんなまさかの真逆の反応が返ってくるわけ!まぢひょえー!だよ!その一言で超救われたよ!
ずっとずっとずーーーーーっと変わり者扱いされてて
一般的にたぶん嫌われる(またはひかれる)要素も大いにある私は
そんな反応慣れてないから「えぇぇーーー?!そ、そ、そうですか…あわわあわわ」みたいな。
自分の変わり者っぷりも周囲に理解されなさも理解してるからこそ、
こんな私みたいなモンでも受け容れて許してくれるミッティーナちゃんの懐の深さには
毎度毎度驚かされると同時に「え…受け容れていただけるんですか…」っていうたとえようのない気持ち。
たぶん、私はそういうミッティーナちゃんの懐の深さに甘えてた部分も大いにあったと思う。
前述のように、アホみたいにすぐにブチ切れてしまう私にとって
彼女の懐の深さはほんっとに見習うべきところが満載だし、
実際にダブルミストレスでもそう感じるところは数えきれないくらいあった。
ミストレスとして今までの数年間、ほんっとに1番間近で彼女のSMに対する考え方、
お客さんとの向き合い方触れさせていただいたと思う。

忘れる努力しなくていいのならば、たぶん私は今後もたくさん自問する時が来るのでしょうね。
「こういう時、ミッティーナちゃんならどうするかな…」って。
言葉通りに「楽しむ」ってそれだけでなく、その裏には「悩む」ってのもくっついていて、
それをミストレス旭花清はよぉぉぉくわかっていた。
アホみたいに衝動的に、本能に任せてブチ切れるだけじゃなく、
ミッティーナちゃんとと共に過ごした中で間近で見ていた懐の深さを、
いつか私も自然と実践出来る時がくるのかな。


今までたくさんのダブルミストレスやトリプル、
そこで感じずにいられなかったのは「ミストレス旭花清がお客さんに愛されてる」ってこと。
しおんぴもそれをまざまざと実感してブログに書いてたよね!
これに関しては、しおんぴと私何度も話し合ったよ。
共にSMにまぢで向き合い多くの経験を共にしてきた私たちにとっては
たぶん今後も何度も話し合うことになるであろう課題だよ。
今日ブログに書いたOもそうだったけど、堪えきれなかったであろうあの涙。
男性は普段そうそう涙を流すこともないかもしれないけれど、
痛いとか苦しいとかそんな時ばっかりじゃないよ、涙があふれる時って。
男性にとっても、そういうすべてを曝け出せる相手の前で、
そんな風に心さえも裸にある時が必要なことってあるんだよ。
…私は、そんな涙を自然と溢れさせることが出来るのかな。
いや、出来ない。まぢ出来ない。それに関しては自信ある!
(こういうの反語っていうんだよね?違ったかな!)
あぁ、いつまで経っても悩みは尽きない。
答えが掴めたと思ったら、それは握りしめた指の間からするするっとこぼれ落ちていくような。
私、ミッティーナちゃんとの忘れられないダブルやトリプルは数あれど、
この日のダブルもきっとずっとずーっと忘れられないよ。
IMG_2444_convert_20170331234058.jpg



今夜もウォッカ呑んでるけど、なんなんだろw
たぶん今夜は涙の方が多いのかなー!
だって結構呑んでても多分わりとまともな文章だよねw
っていうか、私みたいな暑苦しいのが、こんな時に正気でなんかいられるわけなんだよね!


もうね、私はミストレス旭花清への想いを書いたらキリがないしキモすぎるし暑苦しすぎるし!
直接お伝えしたけれど、あらためて。


ミッティーナちゃん!
長きに渡り、本当にお疲れさまでした。
いつまでも、何処にいても、貴女が幸せな人生を送っていられるよう願っています。
今まで本当に、本当にありがとうございます。
たくさんの経験を、ほんっとにありがとうございます。


事務所で私の質問に「たくさんありすぎてわかんないよーw」とお答えになったミッティーナちゃん、
自分で質問しておきながら私もその返答には答えられませんw
まぢたくさんありすぎてw


だけど、うだうだしてた自分を突き動かしてくださった原点は、おそらく生涯忘れられません。
IMG_4552.jpg
呑んだくれで、暑苦しくて、強引な、こんな私と長い間おつきあいくださり、
本当に本当にありがとうございました。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント

非公開コメント

プロフィール

樟 弥音

Author:樟 弥音
SMクラブMusa・オスビッチ研究所・東京アナルクリニックTABOUに所属している樟弥音(くすのきあまね)のブログです☆

ミストレス樟弥音 Twitter
最新記事
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
カウンター
whip world
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる